「FROM BREWERY & FARM ~生産者の想い」。食材の生産者さんへの取材記事や、看板料理のヒミツなど、キリンシティをより楽しんでいただける読み物をお届けしています!

遠野ホップ畑に行ってきました!

岩手県・遠野市の、ホップ畑を訪れました!遠野市はホップの有力な産地。
ここで収穫されたホップは、「一番搾りとれたてホップ」をはじめ、キリンビール商品に使用されています。ビールにホップとはよく聞きますが、実際にはなかなか馴染みがないですよね?どのように栽培され、収穫されているのか、写真でご紹介します!

たくさん枝分かれして、たくさんのホップが育っています。とても可愛らしい姿ですよね。

実際手にとってみると、とても軽い!紙風船を持っているようです。少し味見をしてみました。
どれどれ…に、にがい!この黄色い部分がビールの苦味成分との事です。小さくて可愛らしい姿からは想像できないくらい苦いです。

ホップの丈はとても高く、収穫するのは一苦労。車に取り付けたクレーンに登って収穫していきます。

畑に入ってホップの高さを体感!4mにもなるそうです!

収穫したホップを、工場に運んでビールの原材料にします。

ベルトコンベアやクレーン等で、がくだけを取り出していきます。

機械だけではできません。もちろん手作業できれいなホップを分別します。

収穫から分別作業まで、様々な人が携わってホップが栽培されています。今年のような大きな台風が来て大変な時期もありますが、生産者さんはおいしいビールのために、想いを込めて元気なホップを栽培しています。

そんな想いが詰まったご馳走ビールを、キリンシティで味わってください!